衝撃修羅場体験まとめ


個人的にスカだから他人からはイマイチと思われるかもだけど、旦那にした復讐を。 
浮気とかじゃないんだけど旦那に嘘つかれてた。 

旦那は気付いてないけど、嘘のつき方が私と似てるからすぐ分かるんだよね。言葉数が増えるわけじゃないんだけど(元々おしゃべりだし)、真実をなるべく混ぜこもうとしてしゃべりすぎるって感じ。 

私の嫌ってる年上女同僚とメアド交換してメールやり取り、さらに飲み会の時に送り迎えしてた。元々私も怪しんでたけど他の同僚から教えられて事実だと発覚。  【私の嫌ってる年上女同僚】の続きを読む

ウチは双子が居る。 
出産の時、姉コトメ(既婚子あり)が来て 
「大変だからって家には頼ってこないでね!子供は産んだ人が責任もって見る事!」 
とトメと合唱して行った。 
そして妹コトメ(当時独身)が 
「双子大変そう、何かあったら言ってね。出来る限りのお手伝いさせて」 
と言ってくれ、実際に買い物に付き合ってくれたり、お惣菜をくれたり。 
当然姉コトメは何も無し。 
トメも可愛い娘の産んだ孫ちゃんが大事なので、嫁の産んだ子には興味無し。 
【家には頼ってこないでね!】の続きを読む

4月から同居中だがウトは単身赴任中、旦那は今月の頭から長期出張中。 
トメは優しいお母さんって感じで、 
割と上手くやってたつもりだったけど、 
旦那が出張に行ってからチクチクやられるようになった。 

ご飯がまずい、って私が作ったものを片付けて作り直されるとか、 
取り込んだ洗濯物を私の分だけぐちゃぐちゃで放置されたり、 
サンダル以外の靴を捨てられたり、 
ゴミの日にはゴミ袋を口をあけたまま私の部屋(正確には夫婦の寝室)の前に積んでみたり、 
仕事用のバッグに牛乳ぶっかけられたり。 
【嫁いびりとか最低だなw】の続きを読む

不妊で数年間治療したが、今は有難いことに2人の子どもに恵まれた。 

別に子どもを急かされた訳ではなかったけど、産後から2人とも女の子のせいか、 
トメの一族に「今度は男の子ね!」「子孫をもっと増やさないと!」と言い続けられた。  【今度は男の子ね!】の続きを読む

中学生の時に私をいじめていた奴に避難所で会った 
最初に気付いたのは向こう「あー!喪女さん久しぶり~」 
と言われたけど、そいつは中学の頃に比べてめちゃめちゃ(体重2倍くらい)太ってて一瞬誰か分からなかった 
向こうが一方的に話掛けてきて、私をいじめてた奴だって思い出して吐き気がした  【被災地の避難所でいじめっ子と遭遇】の続きを読む

営業やってた同級生Aがノルマがきついから、名前だけ貸してくれと言ってきたことがあった。

年会費を払うなんかの会員権だったと思う。

他の友人たちは「名前だけなら」と申し込んだのだが、私はかつて親が似たようなことでえらい目に遭ったことがあるので「ごめん、それだけは無理」と断った。
【名前だけ貸してくれ】の続きを読む

小学校高学年のころの可愛らしい話をひとつ。

母親同士が今で言うママ友だったつながりで、数人の女の子で仲良しグループを作ってた。

最初のうちはあてがわれた友達で仲良く遊べたんだけど、成長とともに合う合わないがどうしても出てくる。

また私の母親は気の弱い人で、何かあったとき文句を言うどころか不当な扱いに抗議することもできない、そんなタイプだった。
【小学校の時】の続きを読む

昨日短大を卒業し四大の編入試験に合格した。

友人の合格祝いをしに、高校の同級生6人で回転寿司にしにいった。

そこの回転寿司は、食べたお皿5枚毎にガシャポンが出きる例の店だった。

6人とも食品サンプルとかミニチュアの食品が好きなので、良い年してガシャポンに盛り上がってた…

全員昼抜きの早めの晩御飯だったので、お寿司だけで80皿食べてしまった…。
【回転寿司でキチに絡まれた】の続きを読む

平日の真昼間から梅田で買い物して、寿司やパフェとか美味いもの食って、でっかいゲーセンで大人の財力に物言わせて、ガンバライドをしてると横から

「あの~すいません。電車代がなくて少し頼みたい事があるんですけど・・・・・・」
と声を掛けられた

カツアゲかと思って横向くと、いたのはどう見ても中学あがりたてのオドオドしたあどけなさの残る子供二人

(こんな子達がカツアゲする時代なのか、世も末だなぁ)

なんて思いつつも説教する前に少しだけ話を聞く事にした。

結論からいうとカツアゲじゃなかった。
【子供2人に声をかけられた】の続きを読む

若くして結婚しすぐに息子が産まれた。

結婚当初から子供が生まれたら同居する話も出ていたし、義両親は私や子供を可愛がってくれていたので旦那実家での同居生活がスタート。


しかし、いざ同居してみると自分の居場所が全然なかった。

毎日毎日子供を連れて遊びに来る義妹。

休み前には「いい子にしててね~」と子供を置いて帰って行く。

日々の買物も旅行も全て義妹と一緒(義妹にはちゃんと旦那がいる)

そのうち義妹の顔を見ると胃が痛くなってくるようになった。
【夫が変わった】の続きを読む

うちの近所は同じような年頃の子を持つ家庭が多く、それぞれの家に集まることが多い。

料理上手なBママの家にお呼ばれすると、たいていBママの手作りお菓子が出る。

で、それをいつも「きれー、おいしそ~写メらせて」と言ってパシャパシャしてたAママ。

まあこれはBママがOKしてるんだからかまわないと思ってた。
【嘘ブログを自慢】の続きを読む

定期健診で産婦人科いったんだけど、総合病院で患者数多いとこだから、毎回予約入れてても一時間二時間待ち当たり前のとこだから、待合室で漫画読んでた。

隣に座ってきたお腹大きいママが、笑顔で

「こんにちは、今日も混んでるわね。あらーお腹大きいわねぇー今何ヶ月?若いけど他にお子さんは?」

と聞かれたので、まあ普通に8ヶ月ですよーこの子が初めてですと答えたら、今度は
【子供交換しよ】の続きを読む

以前からブランド物好きな友人Aから、子供が春から幼稚園で入り用だから金を貸してくれときた。

実家や義実家に頼れないというので、お茶をしていた店から近い質屋を紹介した。

Aの希望額は「10万のところ3万で!GWまでに返すから!」
と言うので、

「今持ってるバッグと財布とキーケースで恐らく3万いくし、コレクションから一部を出せば10万あっという間だよ」
って言ったらキレられた。
【金を貸してくれ】の続きを読む

少し前まで債権回収の会社に勤めてたときのこと。

要するに取り立て屋なんですけど、別に鮪漁船に乗っけたりお風呂に沈めたりなんてことはしません。

借入返済しない債務者の債務を銀行なんかから請け負い、財産調べて、法律に則って通知した後、預金や給料差押えしたり、家を競売したりするだけのお仕事。

法には触れてないし、恫喝の類いも一切しない。

まあ家売りますとか、給料差押えますって連絡を恫喝ととるお客さんもたくさんいましたが…

【債権会社に勤めていた】の続きを読む

昨日子供と借りていたDVDを返しに出掛けた。

その店は一階に本、二階にレンタルスペースがあり、いつもなら旦那と出掛けていて、旦那がベビーカーを持って上がっていたが、昨日は私と子供の二人。

ベビーカーで来たのは失敗だったなと思いながら、ベビーカーを畳もうとしていたら、

「俺持ちますよ」

と後ろから、どう見てもヤンキーの高校生の男の子に声をかけられた。
【ヤンキーの高校生】の続きを読む

異母弟の嫁の話でもいいかな。

私の母親は早くに亡くなり、父が再婚してもうけたのが異母弟。

継母には表だっての意地悪は無いけど、なんか冷え冷えとした関係で跡取りは弟の方よって感じで、なんでも私の事は後回し。

父も最低で、継母が取引先のお嬢さんだったこともあって、継母と異母弟を優先していました。

継母の実家にも三人で出かけて、私は留守番と言うこともしばしば。
【異母弟の嫁の話】の続きを読む

物議をかもす子供ネタで申し訳ない。

2月の寒い日の結婚式、屋外の噴水の前で集合写真・記念写真が取られた。

その際噴水周辺で走り回ってた子供の一人が噴水の中にドボン。

寒さで小児喘息の発作が起き、瀕死の状態で救急車に担ぎこまれた(幸い命に別状なし)。

しかし本当の不幸はここからだった。
【独身女性vs既婚女性】の続きを読む

6年ほど前の今頃は、花屋に勤めていた。

毎日エプロンをつけて店先に立っていた。

ある日、小学校一年生ぐらいの女の子がひとりで花を買いに来た。

淡いベージュのセーターにピンクのチェックのスカート。

肩の辺りで切り揃えた髪が、動く度に揺れて愛らしい。

フラワーキーパーの前に立ち止まり、真剣な面持ちで花を選んでいる。
【花を買いにきた】の続きを読む

駅で女子高生が男に「触りましたよね?」怒ってた。

「誰が触るかこのブス!」と女子高生を怒鳴りちらす男。

確かに可愛くない子だった。

そのせいかギャラリーが助けに来ず、男が調子にのって、

「名誉毀損で訴えるか?冤罪だよな~ブスが調子こくから世の中不況になった!」

と一方的に容姿を馬鹿にされた女子高生が泣きそうになってたので間に入った。
【誰が触るかこのブス】の続きを読む

半年ぐらい前のことだけど、職場の仲の良い同僚たちと旅行することになって計画立ててたら、Aさんが仲間に入れてほしいと言ってきた。

元々計画立ててたのは私を含め3人だったんだけど、Aさんも時々お昼休みが同じになることもあって、いいよ~一緒に行こう~って感じになった。

Aさんって2ヶ月ぐらい前に入社してきた人で、早くみんなと仲良くなりたいのかなって思ってた。

断る理由もなかったし。
【旅行先では別行動の同僚】の続きを読む

このページのトップヘ