衝撃修羅場体験まとめ


高速道路のサービスエリアにある売店でクレーム付けてるDQN客がいた。 
ソフトクリームが思ったより甘くないから作り直せと言うんだけど 
作り直しても甘さは同じだから店員も困って、返金すると言っても客は納得しない。 
というか明らかにソフトクリームはどうでもよくて、嫌がらせ目的で絡んでるようだった。 
【サービスエリア】の続きを読む

うちの前、駐禁なのに対面のアパートに遊びに来る奴等が路駐てウザい 
駐車禁止の標識が立っているのに関係なし 
ある晩、部屋でテレビを見ていたら「グシャ!!」と言う音がしたので見てみると 
標識が倒れてその後ろにとまっている車を直撃していた  【駐車禁止の標識】の続きを読む

今年米寿を迎えた祖父の、十歳頃の武勇伝。 
 貧しい家で育った祖父は、同い年の中では小柄で細く、よく馬鹿にされたらしい。 
 ある日、米屋の息子に「お前がそんなに小さいのは食べないからだ。この米俵を持って帰れたら、くれてやるよ」と 
からかわれた。自分の体重より大分重い米俵など、持ち上げることすら出来ないと思ったのだろう。 
 頭にきた祖父は農作業の手伝いで鍛えた体で米俵を担ぎ上げると、一度も地面に下ろすことなく立ち止まりもせずに、 およそ二キロ先の家まで持って帰った。 
【祖父の、十歳頃の武勇伝】の続きを読む

5年ほど昔の大学生だったころ、付き合っていた男に浮気されていた事が判明した 
本人からすれば隠していたつもりだったんだろうけど、 
ぶっちゃけ周りから嫌われていたらしくみんなが「アイツ浮気してるよ」と 
教えてくれた 
(「デートする」と言っていた日に私が一人でいるのを見かけたり、 
のろけ話の「彼女」が明らかに私ではない女性だったりしていたらしい) 
確かに妙に態度が冷たくなったし、デートに誘っても断られる事も増えた 
つきあい始めた当初は恋は盲目状態で少々バカでも素敵に見えたんだ…
まあ浮気しているという証拠もないので 
態度が冷たい事を理由にして別れを告げたんだけど、 
その後付き合ってた当時に浮気していた子と付き合っているらしいのに 
私に復縁要請のメールを送ってくるようになったwww  【彼氏に浮気が発覚】の続きを読む

アルバイト先の仲良し大学生グループで飲みに行くことになった。 
しかしその日に限って時間のかかる仕事が重なったため、仕事を終えた頃には日付が変わっていた。 
最寄りの駅はあまり大きくなく、周辺の居酒屋はすべて閉店間際だったため、1つ隣の大きな駅まで皆で歩くことに。 

道中に大きな神社があるのだが、いつも見る昼間とは違い深夜の風景はどことなく不気味で、楽しい会話も思わず小声になる。 
すると神社の奥から「助けてー!」と女性の叫び声が。
【助けてー!】の続きを読む

流れ無視してやった事もやられた事も時効?なんで吐き出す 
バブル末期に会社が倒産して無職に、嫁の妊娠発覚とほぼ同時で途方に暮れそうになった 
個人的には慎ましやかにやっていけば10年程度は無職でも夫婦+1くらいはやっていけるレベルの貯蓄があったんだが、義実家(義両親+義弟)が発狂した 
こっちも再就職目指して職安や伝手を巡ってる時に、嫁に離婚してもっといい人と再婚しろと連日凸 
義実家のたっての頼みで義弟が結婚するまでの約束で同じ敷地内に家建ててたのも災いした  【会社が倒産して無職】の続きを読む

会社の某地方支社に勤務していた時の話。 
支社は敷地の奥に社有車用の駐車場があり、その手前のスペースに一台だけ、 
来客者が駐車できるスペースがある。 
金曜日の夜遅く、出張先から車で戻ると、そのスペースに車が止まっていた。 
支社事務所は皆帰った後で無人だった為、誰かが勝手に止めているのは明白 
だった。しかもよりによって、スペースのど真ん中に止めており、奥の駐車場 
に入れられない状態。  【会社の来客者用スペース】の続きを読む

職場の自称九州男児(出身は違うが進学先が九州、以降クズ男)は 
飲み会になると一気飲み、ボトル飲み強要する。 
さすがに近年コンプライス関係の業務命令出てからは 
露骨なセリフ(イッキしろ等)は言わなくなったが 
勝手にグラスに足したり、ひどい時はグラスに手を添えて 
無理飲みさせたりしていたらしい。 
【自称九州男児】の続きを読む

半年ぐらい前から時々自宅のカーポートの中に犬のフンが鎮座していた。 
「ここに犬のフンをさせないでください」「犬のフンの始末は飼い主の責任です」 
って何度か貼り紙もしたが、いつも同じ感じの尻さばきのフンがある。 
この辺りは犬の散歩してる人が結構いるんだが、うんこバッグ持ってても 
ちゃんと始末する人と、ただ持ってるだけの人ってなんとなくわかるもんだ。 
で、たぶんあいつだなと思ってたBBAがいたんだが 
その瞬間をなかなか捕まえられなかった。 
【犬のフンが鎮座】の続きを読む

職場の先輩んトコの近所に変な顔したエスティマ(ローダウン・下痢便マフラー装着)が違法駐車してたんだけど、 
そこのすぐ前の小屋が小火出した。 

前々から邪魔だな~と思ってたんで火事をこれ幸いと防火斧で窓叩き割ってホース通した。 
【違法駐車の前の小屋】の続きを読む

週末に旅行に行くんですが、出ましたよ。お土産リスト渡してくるママww 

保育園の入り口の辺で仲いいママさんたちと世間話(旅行の話は出てない)してたら、 
しゃべったこともないママが「はいコレ」ってメモ渡してきました。 
「はい?」って言ったら「はいじゃなくてコレ。お願いね」ですって。 
「いや、意味わかんないです」って言ったら「は?旅行行くならお土産買ってくるのが当然でしょ?」 
と鼻で笑われましたw 
話には聞いたことありますが、実際に遭遇したらポカーンとしちゃいますね。
【お土産リスト】の続きを読む

駐車場の通路にしょっちゅう無断で停めるDQNがいる。 
はっきり言ってすごく邪魔だった。 
ある晩、俺が帰ると誰かがよほどムカついたのか「炉」のモロが車じゅうにしっかりと張ってあった。 
思わず「スゲー事するやつがいるな・・」と思ったがそのままほかって置いた。
【無断で停めるDQN車】の続きを読む

だいぶ昔のこと 
当時大学生で運転免許を取ろうと教習所に通ってたんだけど 
高速道路かなんかの教習で生徒がもう一人一緒に乗ることになった 
そのもう一人は40代くらい?の女性で、子供も手がかからなくなったし 免許でも取ろうと思った〜みたいなことを言っていた 
【若い男性教官に猛アピール】の続きを読む

先週の話だが1年半付き合った彼女に浮気されたので彼女と浮気相手に復讐をしてきた。 

大学の同じサークルの女の子で結構可愛いし、清楚な感じがしたから付き合ってたけど、中身は全く違った。 

金のためならすぐに体を売るような女で、浮気相手に3万で買われ、俺は捨てられたから、復讐してやった。内容が内容だから気分悪くなるかもしれないが聞いてくれ。 
まずは彼女を少し尾行して、浮気相手の家を特定した。そいつはどうも安めのアパート暮らしで、カギは寝るとき以外は常に開けておくタイプらしくて、彼女がすぐにアパートに入っていった。
【金の為なら】の続きを読む

半年ほど前かな。どこかのスレで昔、似た話題を見かけたので。 
足に障害があって、歩き方がおかしいんだけど、電車に乗ったら 
おかあさんといっしょに座ってた小学校低学年くらいの子供が 
「ママー、あの人歩き方おかしいよー」 
と大きな声で笑ってた。 
母親は 
「そうね!かわいそうな人もいるんだよ~?」 
とニヤニヤ 
【ニヤニヤしている】の続きを読む

アパートに戻ったら、俺の駐車場に全く見知らぬ車が。 
うちは、狭い通り沿いなので、路駐するわけにもいかず、 
少し離れたところにとりあえずとめて、その車まで行ってみると、 
ロックはしてあるのに、室内ランプがつきっぱなし。 
しばらく待ってみても、戻ってくる感じがなかったので、 
期待はしてなかったけど、警察へ電話してみた。  【俺の駐車場に全く見知らぬ車】の続きを読む

個人的にスーッとした話 

学生時代、気軽なショットバーでアルバイトをしていた 
田舎なので地元密着型で常連が多く、お酒を楽しむというよりは会話を楽しむようなお店だった 

ある日、洗い物をしていたら2人組のお客さんの片方に「なに、家庭的な女アピール?(笑)」と、からかわれた 
もちろん業務の内なわけだが、「そうです、出来る女アピールです(笑)」と返した 
【上から目線で「女は~~」】の続きを読む

典型的な毒両親に行った復讐+後日談 
少しでも意見が違えるとすぐに手をあげる+「出て行け」「娘のくせに」コール。 
私「分かりました、ではもうこの家には帰りません」 
毒両親「出てけ出てけ!どうせ一人じゃ何もできなくてすぐ戻って来るくせに!」 
私「では引越にあたり、私の稼ぎで購入した諸々の家財道具はこちらで処分致します。 あ、犬も連れて行きますね。世話は私しかしていませんものね。連絡先も必要ありませんね。全ての手続きは済んでいますので御心配無く。さようなら」 
毒両親「(゚д゚)!?」
【典型的な毒両親】の続きを読む

もうずいぶん昔の話だけど、中途採用でA男が入社してきた。 
同じチームだし年が近いので一緒に仕事をすることが多かった。

仕事ができる男だったので信用してたし、飲み会でも紳士的で女子社員にも人気だった。 
告白されて付き合って半年で求婚された。

あっという間のことだったし、結婚式の準備もままならない。 
とりあえず婚約だけして、結納諸々の後で籍を入れようと提案するも却下された。 
ここでおかしいと思うべきだったんだよね。 【お前、もう俺に逆らうのなしな】の続きを読む

このページのトップヘ