衝撃修羅場体験まとめ


私が20歳頃の話です。 
サークルの先輩で俺様系な人と付き合ってた。、 
高校時代のワル自慢(チームを率いていた、どこどこをシメた、みたいな感じの)が 
多かったけど、身長190近くて外見が凄く好みだったし、私には優しかった。 
でも、お店でかなり年上の店員さんに対しても命令口調だったり、 
バイクで二人乗りしてるのに(私が後ろ)制限速度を50キロも超えたり 
一応先輩なのでやんわり注意するんだけど笑って私の頭を撫でるだけで 
真面目に聞いてくれなかった。 
【彼氏がオタクと喧嘩して負けた】の続きを読む

私(一人暮らし・大学生)の家に彼氏(実家・大学生)が泊まりに来た。 
翌朝彼氏が大学に出かける時、カバンから空のペットボトルを取出し、 
私の家の冷蔵庫をおもむろに開け2㍑のお茶を取出し、 
「家から持っていこ。節約になるし!」 
とお茶を空のペットボトルに注ぎ始めた。  【私の家からお茶を盗む彼氏】の続きを読む

俺は昔から、目に入った英単語を無理にローマ字読みする癖があった。 
例:square→すくあれ、higher→ひぐへる、sometime→そめてぃめ、等々‥ 
バカらしいことはわかってるんだが、なかなかやめられない。 

さて数年前、当時かなり好きだった女性がいて、何度かデートするところ 
までこぎ着けていた。当時俺は26、彼女は29だったと思う。 
ある日、彼女のPCの調子が悪くなったから診てくれと言われて、もしかしたら 
イイことあるかもムフフなどと妄想しつつ意気揚々と出かけていった。 
【LANGUAGE】の続きを読む

10代後半だった頃の話。 

当時の彼とつきあいはじめて3ヶ月ほど経過していた。 
その彼のことは足掛け3年くらい好きな人だったから、つきあうことができて最高に幸せだった。 
ある日、彼とデートしていると彼の友達(以下、彼友)が乱入してきて、 
つき合ってる以上、双方の両親に挨拶するのは当然のことだ。 
結婚するかもしれないんだから早くしておいたほうがいい。と私にお説教してきた。 
(「彼女の親に紹介されていない」と彼の方から彼友に相談していたとあとで判明した)  【彼友「お前の家に挨拶させろよ」】の続きを読む

付き合って4ヶ月。 
俺からアプローチしたのでもなく、相手からメッセやら色んな事を聞かれ 
気付いたら付き合うことになっていたので俺も好きだったし・・・と付き合うことに。 
付き合い始めて3ヵ月、ある日の事「結婚なんて早いけどもしするなら海外が良いな」というので 
海外のウェディング関係のサイトを二人で見ていたら「絶対浮気しないでね」なんていうんで 
俺はそもそもそういう事自体が嫌いだからしないと答えた。  【彼女が俺と付き合った日に】の続きを読む

同棲中、彼女と交代で食事を作っていた。 

野菜を切る時、ほうれん草の根元とか、ピーマンのヘタなどを捨てていたが、 
その度に「もったいない、使えるのに」と言われたが無視してた。 
【三角コーナー】の続きを読む

一件目はわたしのおすすめで飲んでわたしから進んで割り勘に。 
「次いこうよ!良い店しってるんだ!ご馳走するから!」 
と物凄い自信満々に一休(居酒屋チェーン)へ。 
お店までもいかにその店が素敵かと話し続け、わたしは 
(へぇーそんないいお店なんだぁ) 
(わっ地下なんだ~来たことないなぁこのビル) 
(わくわく!) 
となっていたので絶望した。 
【彼氏のオススメの店】の続きを読む

凄い好きで、でも片思いだった人と 
付き合うことになった。そりゃ有頂天。 

初デートで 
「俺さぁ、母子家庭だけど、 
この先、もし母子家庭をばかにするような事言ったら絶対、許さないから」 
と言われて 
「しないよ。お母さんは、頑張ってあなたを育ててくれたんでしょ」 
【母子家庭を馬鹿にするなら許さない】の続きを読む

くだらないけど、ふと思い出したので。 

昔当時の彼氏と二人でテレビを見ていたら、韓国の美容エステ特集みたいなのが始まった。 
私は韓国にもくそ高いエステにも全く興味ないから、テレビから目を離したら 
「テレビ見ないの?エステ特集だよ?」 
「女の子の憧れじゃないの?」 
「普通の子はこういうの好きだと思うけど」  【彼「エステ特集やってるよ」】の続きを読む

少し前から付き合ってる一回り年上のオタの彼 
彼は絵を描くのも見るのも好きで、 
親戚の子に絵をあげただの、高校の文化祭の何かのデザインをしただの言っていた 
上手い絵を描く人に憧れがあり、絵が見たいな~と甘えて描いてもらった 

その絵が悪いけど下手 
【自称画伯の彼】の続きを読む

昔の彼30歳の話。 

バレンタインにチョコケーキを焼いて私の部屋に彼を招いた。 
冷蔵庫からケーキを出し、取り皿、ナイフ、フォークやらを揃え、 
コーヒーを入れにキッチンに立ち「インスタントコーヒーでいいよね?」 
と振り返った時にはケーキは全部無くなっていた。 
(直径20センチ位のホール)  【彼氏(30)の食べ物への執着心】の続きを読む

勤め先が倒産後、なかなか再就職ができず 
生活のためにバイトを始めた彼 
でもそのバイト先が、彼を雇用対策事業とかいう 
国か県が給料に補助金を出してくれる事業で雇ってるから 
「俺は社長から給料貰ってるんじゃないのに」と 
雇い主への文句がすごい 
それでも雇ってくれたのはその社長なんだしほかに仕事もないんだから 
頑張って働こうよ、と励ましてたけど半年足らずでバイトを辞めた 
【通報してやったw】の続きを読む

高校の時に付き合ってた元彼(当時21歳・社会人)の話。 

その日は私の誕生日。 
特に欲しいプレゼントも無かったから、ケーキ屋さんのケーキを買って 
相手の家で食べる事に。もちろん、カットケーキね。 
その前に、お腹も減ったから吉野家へ。 
元々吉野家好きだったから、特別何も思わなかったけど、 
いきなり席に着くなり、『特盛2つ』と勝手に注文された。 
【私の誕生日を牛丼屋で祝った】の続きを読む

このページのトップヘ