衝撃修羅場体験まとめ


うちの母の修羅場 
ちょっと複雑ですが 

祖母(母の実母)は母3歳の頃、母の妹を産んですぐに病没。 
「お願いだから子供達を手放さず(養子に出さず)に育ててほしい」と祖父(母の父)に言いながら死んでいったらしい。 

実母死去から約1年、祖父は後妻と再婚。 
が、この後妻、母姉妹を養子に出すと言い出した。 
【母の継母がとんだ糞婆】の続きを読む

皆さん、イライラしてるみたいなので 
正月にウトメに挟まれ座った息子5歳のプチスカですが。。 
「孫ちゃんこれ食べて!お箸上手になったね!これは?あれは?それは?…(エンドレス」 
とべらべらしゃべりっぱなしのトメに一言。 
「おばあちゃん、お箸が臭い。(お皿に)入れないで。」 
【孫ちゃんこれ食べて!】の続きを読む

平日が休みの施設に勤めている私と、同僚のA、B、C。
年が近いので割りと仲がよく、
またカラオケが趣味というのも同じなので、
最近平日ランチタイムサービスの始まったカラオケ屋に
先月行ったところ、思いのほかそれがよかったので、
毎月恒例にしようと話がまとまった。←ここまでが前提。 
【同僚がドリンクバーで】の続きを読む

今日、トメと対決してきました。 
結婚してからずっとウトメの暴言に我慢してきたのですが 
さすがに積もり積もったものがありました。 
今日はトメだけだったのですが・・・。 
【他  人】の続きを読む

店舗でバイトしてた時のこと。 
それまでの店長が他に移り、新しく店長になったオバサンがせんべいだった。 

平社員だったころはおとなしかったのに、店長になった途端に豹変。 
今までの出入りの業者全て難癖付けて出入りに禁止にして、 
せんべいの息のかかった業者に順次総入れ替え。  【新しく店長になったオバサン】の続きを読む

毒親ってどこにでもいるんだね。 

長女長男次女(自分)で、なぜか幼いころから疎まれていた 
4歳だったと思うが「お前なんか産むんじゃなかった」と言われた。 
アイロンを押しつけられた左手の肘にはまだ跡が残っている。 
寝ていたらいきなり口を枕で押さえられた。無我夢中で振り払ったのは小学生の頃。 
姉や兄は家事手伝いは言いつけられなかったのに、自分1人だけあれやれこれやれと言いつけられた。 
旧式の風呂(うまく説明出来ないけど、竈?で新聞紙に火をつけてそれから材木の切れっぱしを入れる) 
を沸かすのは自分が小学校に入った途端にやらされた。 
マッチで火を付けるのが怖くて、沸かすのを失敗するたびに「役立たず!」とぶん殴られた。 
【資産家と結婚した】の続きを読む

身内の法事で、遠距離の観光地で有名な田舎へ帰ったときの話 
実家は小さいので、我が家は帰郷すると毎回ホテルへ宿泊していた 

宿泊初日、隣の部屋のカップルの痴話ゲンカが夜遅くまで続いて、うるさくてなかなか寝れなかった 
二日目、法事を終えて、疲れてホテルへ戻ったら、また隣のカップルがケンカ・・・ 
前日と違って、廊下へ出てもドタドタやってる 
部屋ののぞき窓からのぞいてみると、男が女の髪をわしづかみにして、ひっぱりあったり、とび蹴りしたり、罵倒したり、かなり激しいケンカだった 
【カップルが二日連続で喧嘩】の続きを読む

前の世紀のある年の正月に、本家で親戚の集まりがあった。 
当時は本家の一人息子Aが絶賛不良化してる最中で、 
暴走族の頭だか幹部だかでかなり知られた存在らしく、親戚も行くのためらってたんだが 
本家が「普段からあの子家に寄りつかないから」と言うので一同が集まったところ、 
タイミング悪くちょうどその日に限ってこのDQNが仲間連れで家にいた。 
【親戚のDQNが正月に暴走】の続きを読む

あまり大事には見えないかも知れないけど、個人的に一番怖かった出来事。 

十代の頃、レンタルビデオ店で映画を幾つか借りようと選んでいたら、 
私のすぐ後ろを一人の男が通った。 
何故かその時妙な感じがして、少し注意してみたところ、 
さっきの男が何度か私の後ろを通り過ぎていった。 
もしかして邪魔なのかな?と思って別のコーナーに移動したが、 
その男はすぐにまた私の後ろを何度も通る。 
【同じ男が後ろを】の続きを読む

ありがちだけど、元夫の浮気現場に遭遇したのが修羅場だった。 

浮気相手は同じ町内会のママ友で、現場はうちの納屋(うちは農家)。 
びっくりしすぎて鍬持って半裸の2人を追いかけまわしちゃったよ。 
日中の出来事だったからそこらで作業中のおじさん・おばさんも参戦してくれて 
気づいたら20人くらいに増えてた。 
雰囲気としては山狩りみたいになってた。 
最終的に2人とも田んぼに落っこちたところを捕縛。  【夫とママ友が浮気】の続きを読む

手押し車?を押した不安定なお婆さんが、エスカレーター7割くらい上がったところでバランス崩し落ちてきた

が、後ろにいたサラリーマン3人(左に並んでた人と右を登ってた2人)がお婆さんキャッチ 
お婆さんも手押し車も逆さまの状態で胴上げみたいになりながら受け止められてた 
【手押し車を押したお婆さん】の続きを読む

若かりしころ、付き合っていた彼氏の運転する車に乗っていた。 
信号待ちで停止しているときに、急に彼氏が痙攣し白目をむいて泡をふいた。 
当然ブレーキペダルから足が離れ、じりじりと進む車。目の前を横切る道は国道。 
その瞬間、前の信号が青にかわり、奇跡的に国道を渡りきった。当然うしろからはクラクションならされまくり。 
渡りきってから、サイドブレーキひいてハザードつけて携帯で119番。 
【急に痙攣し白目】の続きを読む

このページのトップヘ